⭐️デジタル化の推進!⭐️


こんばんは^^

私たちはコロナ禍私たちが取り組んできたのは、「関係人口増加によるファンづくり」「ICT導入による業務効率化」「人口減少が進む秋田県での働き方改革」の3つ。

note記事をぜひご覧ください!!

全国の仲間たちと共に前進した1年。日本一高齢化が進む県の介護施設が、2020年に取り組んだ3つのこと

特にICT化は積極的に導入してきました!

働き手人口減少、働き手の年齢も上がっていく秋田県は、介護業務を細分化して、業務効率を図り、これからの時代にあった介護の仕事をつくっていくことが、これから大事だと考えたからです。

記録システム ケアコラボ

コミュニケーションツールLINEworks 

介護スタッフ以外の面でも

会計freee・人事労務freee

キングオブタイム

クラウド契約管理sign

そしていよいよ、介護現場の本丸、介護見守りロボットの導入が始まります。

◉導入する理由は3つ(業務負担の軽減、リスク回避、プライバシーへの配慮)

①ケアスタッフの業務(定期的な見守り巡視業務)を軽減する事(業務負担の軽減)

②ご利用者様の急な体調変化、転倒予防にも対応できる事(リスク軽減)

③ご利用者様の排泄がわかるため適切な排泄ケアできることでプライバシーへの配慮や安眠維持ができる(プライバシーへの配慮、必要な時のケア)

◉導入することで介護業務の一端をテクノロジーが行うことにより、本質的なケアの実現を目指します!!

ハピネス絆

さまざまなICTを活用しながら、多様な人財とともにこれからの介護のカタチをデザインしていきたいと思っています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメント

2021-06-10 | Posted in ドラりん夢会報Comments Closed 

関連記事