⭐️介護現場においてのチームワークって…⭐️


前回は『価値観とは』でした。

みんな同じ価値観の人はいないこと、捉え方、視点の人はいないことを知ることをお話ししました。

 

今回は

​「介護現場においてのチームワークって…」についてです^^

先ずは違いから…

グループチームの違いは知ってますか??

意外と曖昧になっていませんか?

私自身、しっかり習うまでは曖昧でした…(笑)

グループとは…

似通った点で分けた人の集まり、行動を共にする集団。

共通の目標・目的のない集団。

メンバーそれぞれが自分の持つ能力を発揮し、それらを合わせたものを成果として扱う集団のことをグループと呼びます。

つまり、グループとして出る結果は…

その中の個々人の能力の”足し算”、または ”” でしかないのです。

チームとは…

同じ個の集まりではあるが、共通の目標・目的のある集団。

そして…

メンバーの連携協力により、メンバー各自の持ちうるスキルや経験では解決することのできない課題をクリアするだけのを生み出すものがチームです。

チームの結果は…

個々の能力の倍数、いや階乗的なものが出ます!!

方向性が同じだと、ひとつの情報がそのチームという過程を通ることによって多くの可能性考え方が生まれるということ!

メンバー個人の成果を高めることに重点をおいているグループに対し、チームではメンバーが共同体として一貫した方向性の下に活動を行うことで更なる効果成果を生み出すことが可能となります!!

どれだけ優れた能力を持っていようと、一人の人間の発揮できる力には限界があります…

だからこそ!!

たくさんの関わっているスタッフが業種関係なく

チームを創り

ご利用者様を支えていく必要があるんです!!!

介護現場にこそ、チームが必要です!

業種関係なく、お互いの意見を出し合うことにより、新たな気付きや発見が生まれ、突破口を見出すことが可能になるんです。

そして…

チーム創り、チームワークの向上は

たくさんの可能性を広げ、きっかけを与えてくれるはずです!!

次回は…
雰囲気づくりの大切さ』についてお話します。

コメント

コメント

2021-05-08 | Posted in ドラりん夢会報Comments Closed 

関連記事