⭐️最期の時⭐️


こんにちは
昨日、2年ご利用されていたご利用者さまを看取らせていただきました…

今回も、またたくさんの気づきを与えていたました…

スタッフは、看取りの大切さを知るたびに時間の大切を意識して、ご利用者さまに対してどうしたら喜んでもらえるかを考え、迅速に動くように…

また、今回は死生観の違うインドネシアの技能実習生にも貴重な経験となりました。
技能実習生には、あらためて弊社施設のケアの在り方、最期の迎え方について、そして、『ありがとうございました』でお別れすることを話させていただきました。

ご利用者さまの最期の表情もまた、眠られているかのような、穏やかな表情で、ご本人さまは、表情で感謝の表現をいただき、またご家族さまからも、感謝の言葉をいただきました。

やっぱり、看取りケアは、人間を成長させ、人間らしい最期の在り方を学ばせていただけます。

今回学んだこと、気づいたことを後ほど、スタッフ全員で振り返り、みんなで共有して次に繋げてまいります。

スタッフ一同、ご利用者さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

感謝合掌m(__)m

コメント

コメント

2019-11-09 | Posted in ドラりん夢会報Comments Closed 

関連記事