【号外】3.11に想いを寄せて


みなさん

おはようございます。

本日は、『3.11』ですね。

あれから、早くも7年が経過しました…

 

あらためて、心を込めてご冥福をお祈りすると共に、今も厳しいと環境の中で精一杯がんばっている方々に継続的な応援をしていきたいと思います。

 

私自身、あの日が無ければ、今の自分がないと思っております…

 

当時、勤めていた法人でグループ施設の支援の為に行って…

 

衝撃的な光景を目の当たりにし、またその中で部分的ですが支援をさせていただき、現地の方々と触れ合う中で、いろいろな経験をさせて頂きました…

 

その経験の中でも

現地の方々から頂いた言葉は、今でも耳から離れません…

 

震災から7日目くらいに出会った方に

 

『急な震災で、未来を亡くした人の分まで、今を真剣に、また時間を大切に生きなきゃ、亡くなった人が報われない…』と…

 

衝撃的でした。

 

私自身、このお話で自分を振り返ると共に、自分が『何のため、に誰のために』、『本当にしたいことは』と考えるキッカケになりました。

 

その後も、支援をさせて頂きながら、大変な状況の中でも、前を向いて歩こう、立ち上がろとする、人間の真の強さ、他人を想い支え合う、あたたかさに触れ合う姿を見る事ができました。

 

この経験を得て、

学び、気づき、ご縁を頂いたことで…

前々から、思っていた事、

でも…

それは、できないって決めつけていた事を

現実にしてみたい

『自分の想う介護がしたい』

という熱い想いが込み上げてきました。

それが、2011.8月の事…

それ以降、がむしゃらに動いて、時に熱く話してきました。

おかげさまで、たくさんの方々のご理解、ご協力を頂き

その後、2011.10.5に法人登記。

『株式会社あきた創生マネジメント』が誕生しました。

 

そして…

 

2012.4.15に『ショートステイ輪』が事業開始になりました。

 

当社の目指す社内文化は

HELP THE HELPER

〜共に支え助け合い〜

です。

 

あっという間の7年…

 

たくさんの出来事から

たくさんの学び、気づき頂き

また、たくさんのご出逢いから

たくさんのご縁を頂き

感謝に絶えません。

 

不謹慎かもしれませんが…

2011.3.11は私のもうひとつの誕生日。

 

これからも

この日の出来事を忘れず、大切にしていきます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

2018.3.11〜心より感謝を込めて〜

株式会社あきた創生マネジメント

代表取締役 阿波野聖一

 

2017.3.11 釜石の朝日

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメント

2018-03-11 | Posted in お知らせ, ドラりん夢会報Comments Closed 

関連記事